インプラント

インプラント治療とは

虫歯や歯周病そして外傷による歯の破折等により、歯を失った場合に、咬み合せの機能を回復させるために行う治療法です。

 

通常、歯を失われた場合は、
インプラント、ブリッジ、入れ歯によって咬みあわせを回復させますが、
それぞれの治療法にはメリット・デメリットがあります。

そのなかでも近年、人気が高まっているのがインプラント治療です。

インプラント治療は、歯が失われた顎骨に、チタン製の人工歯根 (インプラント) を埋入し、
その上に自分の歯と同じように美しい白い歯を取り付けることで違和感なく咬むことができ、
審美的にも自然で美しいことが特徴です。

インプラントは、虫歯にはなりませんが適切なメインテナンスを怠ると、
インプラント周囲炎というインプラントの歯周病にはなります。

現在、最も多い歯の喪失原因である歯周病をしっかり治したうえで、
インプラント治療を行わなければ長期的な予後は期待できません。
しかし、現状では歯周病治療をしっかりと受けずにインプラント治療をされている方が大半です。

当院では、日本歯周病学会認定歯周病専門医である院長が適切な診断のもと、
歯周病治療を行ったのちインプラント治療を行っていきます。

高度なインプラント治療を安全に、そして適切に行うために

インプラント治療には当院の特長でもある、専門医によるチーム医療を行っていきます。

被せ物などの咬みあわせのスペシャリストである日本補綴歯科学会認定補綴歯科専門医、
インプラント外科手術のスペシャリストである口腔外科専門医、
そして歯周病のスペシャリストである歯周病専門医のインプラント治療における深い知識と、
高度な技術をもつ3人のインプラントスペシャリストによって治療を行っていきます。

他院で抜歯してインプラント治療と言われた患者さんに

当院では、他院で歯周病により抜歯してインプラント治療と言われた方が多数来院しています。
しかし、適切な歯周病治療や再生療法を行うことで自分の歯を残せることも少なくありません。

インプラント治療は大変良い治療法ですが、かみ心地など自分の歯に勝るものはありません。
ですから当院では、歯周病専門医としてまず自分の歯を残すことを最優先にして治療を行います。
症例によっては、インプラントではなくブリッジや入れ歯を選択すべき症例もあります。

ですから、最も重要なことは本当にインプラント治療がベストの治療法なのか、
を的確に診断し治療することが必要になります。

歯周病専門医による高度な歯周病治療

静岡歯周病治療センターは、歯周病専門医(日本歯周病学会)と補綴専門医(日本補綴歯科学会)の両方が在籍する静岡市内唯一の歯科医院で、専門的な治療をおこなっています。歯周病分野については軽度のものから、他医院で抜歯を勧められるような進行した歯周病を再生療法により改善し、歯を保存する治療まで、留学経験のある院長が学んだ世界水準の治療を提供。静岡県内トップクラスの技術と実績があります。