静岡の歯周病専門医による治療 | 重度歯周病治療

ロゴ

tel.054-251-4151

入れ歯・義歯
DENTURE

入れ歯について

咬みあわせの機能を回復するには

入れ歯について

歯を失われて咬みあわせの機能を回復するにはインプラントやブリッジそして入れ歯があります。

その中でも入れ歯は咬む力や装着感などが入れ歯やブリッジと比較して劣ります。

しかし、高齢者や全身疾患などによりインプラント治療などが出来ない方も、またはインプラント外科手術が怖いという方も、適切な入れ歯の診断および設計を行い、治療していくことでいままでよりも快適に食事ができるようになります。

当院では、入れ歯や咬みあわせのスペシャリストである補綴歯科専門医が、患者さんの咬む喜びそして、おいしく食事が出来るように最善な入れ歯を作ります

入れ歯の種類

金属床

金属床

床部分に金属を使用するために薄く作製することができるために違和感が少なく、装着感の良い義歯です。保険の入れ歯と比較しても臭いが少なく、衛生的な入れ歯です。

また、通常の保険の入れ歯と比較して金属のバネの設計が自由に適切に設計できるため、自分の歯へかかるバネの影響を最小限にすることが出来ます

金属床

床部分を金属を使用することで、薄く作製することができ、自然に近い形態になり、舌の動きが義歯に邪魔されることが少ないため、発音しやすく、食べ物の温度が伝わり易いので、本来の食品の味に近くなり、美味しく食事を楽しむことができます

入れ歯だから発音がしづらい、食事がおいしくない、匂いが気になるという方には、金属床による入れ歯をお勧めします。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

通常の部分入れ歯には、入れ歯の維持を求めるために自分の歯に金属のバネをかけますが、やはり見た目ですぐに入れ歯であることが分かってしまうのが気になるそういう方に、最適な入れ歯が金属のバネがないノンクラスプデンチャーです。

金属のバネを使用しないことで、入れ歯自体の重さも軽くなり、装着感が向上し、自分の残っている歯に対して負担が軽減します

ノンクラスプデンチャー

そして一番のメリットは審美的に入れ歯を装着しているのが相手に分かりにくく審美的であることです。症例によっては適応症でない方もいますので、まずはお気軽にご相談ください。